引越し 何月 高い

安く引越しするならまとめて見積もり依頼!

人の流れのある時期や、時間によって料金が変わる

引っ越しが多い時期は業者も多忙になるため、必然的に引っ越し費用も割高となります。

 

当然の話しと言えばそれまでですが、実際に引っ越しが多い時期とはいつなのでしょうか?

 

まず、3月〜4月そして9月〜10月はピークとなります。多くの企業にとって4月1日と10月1日が転勤による着任日にあたるからです。

 

企業によっては半期に1度、異動など人の動きが活発となるのがこの時期となるため、それに伴い引っ越しも増えるのです。
また3月〜4月は、進学や就職など学生の異動が活発となる時期にあたります。

 

引っ越しの時期について細かく見て行くと、引っ越しの依頼は月の中旬、日・祝日、大安の日などに多く見られます。
逆に月初めや月末、平日、仏滅などはあまり依頼がない場合が多いです。

 

安さにこだわるならば、この辺をうまく利用することがコツと言えるでしょう。

 

業者によっては、あらかじめHPで安く済ませられる日を告知している場合もあります。

 

繁忙期が終わり、5月〜6月は人の流れが定着する時期であるので引っ越しを自分の都合に合わせるチャンスとなります。

 

また、休日しか引っ越しができない人でも、業者に来てもらう時間指定を利用し、お得に引っ越しをする事が可能です。

 

午前中は、時間のおす心配がない為、希望する人が多く、よって料金も高くなります。

 

逆に午後などの時間帯は、前の依頼者の業務が押し時間がズレル場合があるために、希望する人が少ないのです。

 

業者は1日を通して引っ越しの予定が欲しいものです。つまり、人が狙わない時間を逆に狙うことにより、業者には予定が入り、依頼者は安く引っ越しができるというメリットが双方にあるのです。